スポンサードリンク
   


インフルエンザワクチンの副作用ってあるの?


インフルエンザの予防接種を受けていますか?
インフルエンザワクチンは インフルエンザウイルスの感染を予防するために
インフルエンザが流行する一か月くらい前に接種すると効果的とされていて
仮にインフルエンザにかかっても 重症化することがないとされています。

でも、予防接種で怖いのは副作用ですね。
特に子どもに予防接種を受けさせるときは
インフルエンザワクチンの副作用のことがとても気になります。
副作用のことを少し考えてみたいと思います。
インフルエンザワクチンの副作用、副反応は 
アレルギー反応が主な症状といわれています。

インフルエンザワクチンの副作用ってあるの?

インフルエンザワクチンは精製の過程で卵を使っているので
卵アレルギーを持っている人は インフルエンザの予防接種を受けるときに
必ず医師に相談する必要があります。
つまり、重度の卵アレルギー患者の場合、
アナフィラキシーショックを発症させる可能性があるということだそうです。

他にも、いろんな種類の
インフルエンザワクチンによる副作用や副反応が報告されているので
ワクチン接種後は24時間は 
副作用や副反応の症状出現に注意するようにしましょう。
また、インフルエンザワクチン接種後は 
子どもはあまり激しい運動は避けた方がよいでしょう。



もちろん、熱がある場合は接種をしない方がよいですが 
子どもはもともとの体温が高いし、
病院によれば37.5度までは大丈夫としているところもあります。
また、接種後は注射を打った部位が赤く腫れ、痒くて我慢できない人もいますが
刺激をあたえないように、触らないようにしておけば2〜3日で治まるでしょう。
我慢ができない小さな子どもは 
冷たいタオルなどで冷やしてあげるといいですね。
不安なことは接種前に医師にしっかり相談して 
インフルエンザワクチンの副作用、副反応の知識を持っておくとよいですね。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | インフルエンザ・子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学校でインフルエンザが流行しはじめたら。


インフルエンザにどこで感染してくるか、
インフルエンザウイルスは目で見えるわけではないので正解はわかりませんが、
私の経験上、大人は通勤時の満員電車の中、
子どもは学校、もしくは幼稚園のように思います。
沢山の人間が密接して一定の時間を共にするので
当たり前といえば当たり前なのですが。

学校でインフルエンザが流行しはじめたら、
かなりの確率で自分の子どもも感染すると思った方がよいでしょう。
でもできれば 子どもにはかかってほしくありませんね。
その為に、マスクは必須です。
マスクは息苦しいし、煩わしいし、子どもはマスクを嫌いますが
学校では頭をくっつけて作業をしたり、
狭いところでくっついて待機したりするので
流行しはじめたら マスクが子どもをインフルエンザウイルスから守る
一番の方法だと思います。

学校は沢山の子どもが集団で生活する場所です。
ところがインフルエンザを始めとし、病気に関する考え方は 
家庭でそれぞれ異なってきます。
手洗いをうるさく言わない家庭もあれば、
病院へ行ったあとは洋服を玄関先で全て脱いで洗濯する、
という家庭も知っています。
つまり、ちょっとくらい微熱があったって 
ちょっとくらい頭痛や倦怠感を子どもが訴えていたって
登校させる家庭もあるわけです。

その子どもがすでにインフルエンザウイルスに感染していたら 
学校や幼稚園からインフルエンザが大流行するのは当たり前ですね。
残念ながら、ウイルスに感染しているかどうかは、誰にも、本人にもわかりません。
流行しはじめたら、自分の子どもも感染すると仮定して、
体の不調を早くキャッチしてあげること、
そして疑わしい症状がないか、細かく観察してあげること、
それと同時に子どもにマスクをつけて登校させること。
そうすることにより、
学校でのインフルエンザ大流行も避けられるかもしれませんね。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | インフルエンザ・子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフルエンザの初期症状ってどんな感じ?


子どもインフルエンザにかかったらどんな初期症状がでるでしょうか。
風邪と大きく違うところは、突然高熱が出るところ。
風邪のように、鼻水がでたり、喉が痛いと訴えたりしないで、
なんだか元気がないな、と思ったら38度くらいの高熱が
すでにでているというケースが多いように思います。

また、高熱が出るかでないかくらいのときに、
子どもが普段は言わない 身体の節々がなんだか痛くなる関節痛や
頭痛を訴えてくることもあります。
そしてそのあとに 鼻水やのどの痛みなどの症状がでてくる子どもが多いです。

風邪もインフルエンザも 一年を通して発症する病気ではありますが
インフルエンザは 日本では11月頃から流行し始め 1月〜3月位にピークをむかえます。
ですから、このころに子どもが高熱を出したなら 
始めにインフルエンザを疑って 様子をみることをお勧めします。
風邪は発症してからの経過は そんな重篤せず、緩やかに治癒していきますが、
インフルエンザの怖いところは 急激に高熱をだすので、
熱性けいれんを起こす可能性の子どももいるということ、
また、肺炎やインフルエンザ脳炎を合併してしまう子どももいることです。

子どもがじっと大人しくなったら 病気にかかっていることが多いです。
元気がなくなったり、高熱がでたら まずインフルエンザの初期症状と疑い、
どんな症状がでているかしっかりと見極め、
場合によってはメモし、病院を受診しましょう。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | インフルエンザ・子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子どもの英会話 早期教育のメリット、デメリット。


子供英会話、早期教育のメリットデメリットについて考えてみました。
幼児や子供が 早い時期から英会話を始めると どんな影響がでるのでしょうか。

子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット

子供が英会話を始める


これからはグローバルな時代。
英会話ができて当たり前となる日が 遠からずやってくることでしょう。
日本も子供の英会話教室も増え、英会話の勉強も
早くから始めることが理想である、という考えが定着しつつあるようです。

子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット

日本の英会話のメリット


日本人にとって日本国内で、英会話を必要とされるシーンは少ないですね。
英会話を使わないので 大人に近づけば近づくほど、
英語の発音も、またヒアリングも困難になってきます。
そういう意味で小さな子供のうちから英会話もを身近においておくと、
日本語にはない発音を出すことができる、すなわち舌を動かすことができたり、
聞きなれない音のヒアリングも 抵抗なくできる、といったメリットがあります。
日本人の母国語である日本語も 赤ちゃんは文法からではなく
耳から覚え、自分の口で発音して、覚えていきますね。
このような言語の習得は9〜10歳くらいが年齢的に限界と、
長年の研究からも結果が出ているといいます。
このようなことから考えても 英会話は早期教育
つまり小さな子供の頃から始めることは 大きなメリットといえそうです。

この記事を読んだ人は次のページも検索しました子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット
次項有 子供にわかる英語の発音の教え方。
次項有 英語の教材、スピードラーニングは子供向けもあります。
次項有 英語の歌のCDは子供に聞かせるとよいのでは?

子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット

子供の英会話のデメリット


気をつけたいことは、何といっても小さな子供ですから、
親の押し付けはいけないということです。
私たちが日本語を覚えるのに、
親から強い教育を受けた人は まずいないでしょう。
つまり、英会話といっても 英語圏の言語であることを
周囲の大人が忘れずにいましょう。
また、小さな子供はまだまだ日本語も覚えていかなくてはならない時期です。
その時期に英会話を始めるのですから
必然的に覚える言語は多くなります。
日本語である母国語の遅れがでることのないように気をつけたいですね。
まずは子供が楽しいと思えるところから。
それが子供の英会話、早期教育のポイントですね。
子供の英会話、メリット、デメリットを大人が理解して取り組むことが理想です。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | 子どもの英語・英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美しい英語の発音を子どもに使わせるには。


私たち大人は、英語の文法は理解できても、
苦労するのは英語発音ではないでしょうか。
どうしても、英語には難しい発音があります。
日本の言葉にはない音を、どうやって正しく発音すればよいか、悩みます。
子供には英語は正しく美しく発音してほしいな、と願うばかりです。

美しい英語の発音を子供に使わせる
美しい英語の発音を子供に使わせる

子供の英語


私たち親世代が子供の頃と違い、
最近の子供は、英語がとても身近にあります。
英語に対する垣根や抵抗感はとても低く、
日本も国際化してきたのだな、と実感ですね。
それが証拠に、日本国内で外国の方をみても、何も珍しくなくなりました。
それは西欧の人だけに限らず、世界中の人々が、
今は日本に旅行にきていたり、暮らしていたりします。
そういう側面を考えても、
これからの日本に、世界共通語の英語は不可欠となってきます。
でも、子供の英語教育には、いろいろと考えさせられるものが多くあります。

美しい英語の発音を子供に使わせる

英語の発音


確かに日本の学校では、英語の授業が盛んです。
今はもう少なくとも、小学生高学年のときから英語の授業があるのですから、
高校卒業までと考えても、ざっと9年は英語の勉強をしていることになります。
なのに、なぜ日本人はこんなにも英語が話せないのでしょうか。
仮に話せても、流暢に話すということには程遠く、
英語の発音に関しては、悲しいものがあります。
教育レベルの高い日本人が、発音が悪いだけでなく、
こんなにも英語が話せないということは、
これからの日本の子供の英語教育の 大きな課題となっていくことでしょう。


美しい英語の発音を子供に使わせる

子供の発音


子供が小さいうちから、つまり早くから英語に慣れ親しんでいたら、
英語の発音がよくなる、と一般的にはいわれていますが、
本当にそうかどうかは、怪しいところもあります。
英語圏の子供も、大人に何度も訂正してもらいながら
正しい英語の発音へと導かれていくのでしょう。
ただ、長年 日本語だけを話してきた大人の舌や唇の動きに対して
子供のそれは、明らかにいろんなものに適応することは間違いありません。
これは何も英語の発音だけに限った事ではありませんね。
ですから、子供の英語を正しく発音させようと思うのならば
やはり小さいうちから、ネイティブな英語に触れておくことはよいことでしょう。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | 子どもの英語・英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


銀行券を発行