スポンサードリンク
   


昇進祝いのマナーについて。


昇進祝いにまつわるマナーをみてみましょう。

昇進祝いと現金


現金と金券は昇進祝いのマナーとしては違反とされてきました。
贈り物として、お金と言うのはあまりよくないとした考え方ですが、
最近はそうではなくなっています。
もらって役に立つという考え方もありますが、品物ではなく、
現金や金券の方がストレートで良いということから、
現金などを贈ることもありです。
金封には、蝶結びの水引を使用します。
これは何度でも結ぶことができる事を意味して、
昇進祝いとしては、何度でも繰り返されることが喜ばしいと言う意味です。

贈り物のマナー


昇進祝いとして贈ってはならないモノに、靴下や靴があります。
足で踏むからといういわれからです。
ビジネスマンとしてはとても便利なものですが、
これはマナー違反になってしまう贈り物です。
ただし、本人のたっての希望というもので、
マナー違反になるものについては、
了承済みということで贈り物にすることもあります。
最も昇進祝いとして不適であっても、
当の本人がほしいものは昇進祝いとして最適になります。

昇進祝いの会のマナー


昇進祝いは贈り物ではなく、
祝う会として送別会の形を取ることもあります。
この時にはおめでたいことですから、明るい会になるようにしましょう。
ただし、流れから言って何となく思い出話しになってしまったり、
少しだけ涙が出るシーンもありますが、下手に演出するのではなく、
主催者としてはその場の雰囲気を大切にしながら、
必ず良かったといえる会にするよう心配りをすることです。
内示の時点では行わないよう、
これはビジネスマンとしての当然のマナーになります。
昇進祝いの贈り物も会も正式発表があってから行うことがマナーです。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | お祝いごと・定年退職、結婚祝い他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


銀行券を発行