スポンサードリンク
   


インフルエンザの治療薬、子どもに適しているものはリレンザ?タミフル?


インフルエンザウイルスには、できれば感染したくないものです。
それでもかかってしまったら、きちんと病院に行き、
インフルエンザに感染しているかどうかの検査を受けて
しっかりと治療しましょう。
特に子どもは些細なことで 症状が悪化したりするので
治療薬を投与してもらいましょう。

インフルエンザの治療薬、子どもに適しているものはリレンザ?タミフル?

現在、子どものインフルエンザ治療薬は4種類あるそうです。
タミフルリレンザ吸入薬は誰もが耳にする薬の名前ですが、
他にイナビル吸入薬ラビアクタ点滴薬があります。

ラビアクタ点滴薬は 入院を要するような場合に使う治療薬のようで、
あまり私たちには馴染みがありませんね。
タミフルは インフルエンザ治療のために 
ずっと活躍してくれた、とてもよく効くお薬でしたが
2006年頃にティーンエイジャーに見られた異常行動から
現時点では10歳から19歳までの子どもには
処方できない薬となっています。

合わせて読まれていますかわいい
次項有 ママが考えた「主婦ができる節約生活」

9歳未満の子どもにはタミフルを使ってもよいけれど、
異常行動の恐れがあるので、
お医者さまは親に説明する必要があるそうです。
確かに、私の子どもも、
タミフルにしますか?リレンザにしますか?」
と聞かれたことがありますが、
異常行動の可能性があるのであれば、悩む必要なくリレンザにしました。

リレンザの薬は粉を専用の容器を使って吸い込む、
という他の薬とは違った飲み方をするので、
小さな子どもは難しいのかもしれませんね。
私の子どもに聞いたところ、考えるほど難しくもなく、
また、薬の味も苦さもなく簡単に服用することができるといっていました。
今はリレンザの飲み方を動画サイトにアップされていて
子どもにみせることにより、イメージができあがり 
薬を飲ませやすくなりました。
子どものインフルエンザの治療薬、今はリレンザが主流のようです。

posted by 情報サイトよろずやブログ at | インフルエンザ・子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


銀行券を発行