スポンサードリンク
   


子どもが高熱を出した時の対処法


インフルエンザに感染すると 38度以上の高熱が出ることがほとんどです。
子どもが高熱を出した時の対処法を考えてみました。
子どもが高熱を出す前は、大人と同じで悪寒があったり、
機嫌が悪くて ぐずぐずいったり泣いたりします。
私は、いつもと様子が違ったら、
「高熱が出てるかも、出るかも、」
とまず疑ってみました。というのも、高熱が出るときに
子どもによっては熱性痙攣をおこすこともあるからです。

子どもが高熱を出した時の対処法

高熱がでたら、熱性けいれんなど、
緊急性の高い症状が起こっていない限り、
慌てて救急病院に走る必要はありませんが、
高熱が出た時の様子、症状をしっかりと記憶し 
次に受診したときに 
担当医にきちんと伝えられるようにしておくとよいですね。

高熱が出たら家庭での対処法
子どもを快適に休息できるように環境を整えましょう。
過度に着こんだり、部屋を暑くしすぎたりしないことはもちろんです。
自分の意思を上手に伝えられない小さな子どもや赤ちゃんには
脱水症状を起こさないように、
高熱がでたら水分補給に注意をはらうといいですね。



解熱剤を使って いったん熱を下げてあげることも大切ですが
例えば、解熱剤の持ち合わせがないときの高熱を下げる対処法
やはり氷嚢や氷枕、冷えたタオルなどで、頭などを冷やすとよいですね。
解熱剤のように効き目はありませんが、
冷たくて気持ちよく感じることが狙いです。
嫌がって泣いたりするようであれば無理強いすることはありません。
首の後ろや両脇、股の付けねなどを冷やすとよいのですが、
急に冷たいものを当てられて驚く、刺激が強すぎる、
ということのならないようにしてあげましょう。
高熱が出た時の対処法は 
インフルエンザだけにかぎらないので参考にしておくといいですね。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | インフルエンザ・子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


銀行券を発行