スポンサードリンク
   


受験生のインフルエンザ予防接種は必要ですか?


新年を迎えると、受験生はいよいよ本番です。
この時期に絶対かかりたくない病気、それはインフルエンザですね。
私も長女を高校受験させるときはとても神経質になりました。
日本の受験はどうして、
風邪やインフルエンザの流行する時期にするのかしら、
と恨んだものです(笑)
もしインフルエンザにかかってしまったら、
今まで積み上げてきた受験勉強に対する時間やエネルギーが 
水の泡となる可能性もあります。
受験当日、ベストな体調で試験にのぞめるように 
何を心がけたらよいか、考えてみました。

受験生のインフルエンザ予防接種

まず、一番に予防接種を受けましょう。
まだ接種していない受験生は 今からでもよいので接種しましょう。
毎年接種しない人でも 
受験の年は予防接種をうけることをおすすめします。
確かに、インフルエンザの予防接種
かからなくするためのものではありません。
必要ないと思う人もいるようですが、
万が一感染したときでも 熱の高さや熱の長引き方の症状を軽くし、
また回復の早さにも一役かってくれるはずです。
インフルエンザの型にはA型、B型がありますが、
近年はどんな型のインフルエンザが流行するか、
の予測がほとんど外れていないので、
型はずれの心配もありませんから、接種をおすすめします。

受験生だけでなく 
できれば受験生の家族も予防接種をされるとよいでしょう。
つまり、家の中にインフルエンザ感染者を出さないということですね。
働いているお父さんやお母さんは要注意人物ですよ。
外部で人と接触することが多いですから。

子どもにとって、頑張ってきた受験生の集大成の日が受験日。
家族でベストな体調で受験日を迎え、
子どもを元気に送り出したいものですね。
その為にも インフルエンザの予防接種をしておくことをお勧めします。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | インフルエンザ・子ども編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


銀行券を発行