スポンサードリンク
   


子どもの英会話 早期教育のメリット、デメリット。


子供英会話、早期教育のメリットデメリットについて考えてみました。
幼児や子供が 早い時期から英会話を始めると どんな影響がでるのでしょうか。

子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット

子供が英会話を始める


これからはグローバルな時代。
英会話ができて当たり前となる日が 遠からずやってくることでしょう。
日本も子供の英会話教室も増え、英会話の勉強も
早くから始めることが理想である、という考えが定着しつつあるようです。

子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット

日本の英会話のメリット


日本人にとって日本国内で、英会話を必要とされるシーンは少ないですね。
英会話を使わないので 大人に近づけば近づくほど、
英語の発音も、またヒアリングも困難になってきます。
そういう意味で小さな子供のうちから英会話もを身近においておくと、
日本語にはない発音を出すことができる、すなわち舌を動かすことができたり、
聞きなれない音のヒアリングも 抵抗なくできる、といったメリットがあります。
日本人の母国語である日本語も 赤ちゃんは文法からではなく
耳から覚え、自分の口で発音して、覚えていきますね。
このような言語の習得は9〜10歳くらいが年齢的に限界と、
長年の研究からも結果が出ているといいます。
このようなことから考えても 英会話は早期教育
つまり小さな子供の頃から始めることは 大きなメリットといえそうです。

この記事を読んだ人は次のページも検索しました子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット
次項有 子供にわかる英語の発音の教え方。
次項有 英語の教材、スピードラーニングは子供向けもあります。
次項有 英語の歌のCDは子供に聞かせるとよいのでは?

子供の英会話 早期教育のメリット、デメリット

子供の英会話のデメリット


気をつけたいことは、何といっても小さな子供ですから、
親の押し付けはいけないということです。
私たちが日本語を覚えるのに、
親から強い教育を受けた人は まずいないでしょう。
つまり、英会話といっても 英語圏の言語であることを
周囲の大人が忘れずにいましょう。
また、小さな子供はまだまだ日本語も覚えていかなくてはならない時期です。
その時期に英会話を始めるのですから
必然的に覚える言語は多くなります。
日本語である母国語の遅れがでることのないように気をつけたいですね。
まずは子供が楽しいと思えるところから。
それが子供の英会話、早期教育のポイントですね。
子供の英会話、メリット、デメリットを大人が理解して取り組むことが理想です。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | 子どもの英語・英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


銀行券を発行