スポンサードリンク
   


美しい英語の発音を子どもに使わせるには。


私たち大人は、英語の文法は理解できても、
苦労するのは英語発音ではないでしょうか。
どうしても、英語には難しい発音があります。
日本の言葉にはない音を、どうやって正しく発音すればよいか、悩みます。
子供には英語は正しく美しく発音してほしいな、と願うばかりです。

美しい英語の発音を子供に使わせる
美しい英語の発音を子供に使わせる

子供の英語


私たち親世代が子供の頃と違い、
最近の子供は、英語がとても身近にあります。
英語に対する垣根や抵抗感はとても低く、
日本も国際化してきたのだな、と実感ですね。
それが証拠に、日本国内で外国の方をみても、何も珍しくなくなりました。
それは西欧の人だけに限らず、世界中の人々が、
今は日本に旅行にきていたり、暮らしていたりします。
そういう側面を考えても、
これからの日本に、世界共通語の英語は不可欠となってきます。
でも、子供の英語教育には、いろいろと考えさせられるものが多くあります。

美しい英語の発音を子供に使わせる

英語の発音


確かに日本の学校では、英語の授業が盛んです。
今はもう少なくとも、小学生高学年のときから英語の授業があるのですから、
高校卒業までと考えても、ざっと9年は英語の勉強をしていることになります。
なのに、なぜ日本人はこんなにも英語が話せないのでしょうか。
仮に話せても、流暢に話すということには程遠く、
英語の発音に関しては、悲しいものがあります。
教育レベルの高い日本人が、発音が悪いだけでなく、
こんなにも英語が話せないということは、
これからの日本の子供の英語教育の 大きな課題となっていくことでしょう。


美しい英語の発音を子供に使わせる

子供の発音


子供が小さいうちから、つまり早くから英語に慣れ親しんでいたら、
英語の発音がよくなる、と一般的にはいわれていますが、
本当にそうかどうかは、怪しいところもあります。
英語圏の子供も、大人に何度も訂正してもらいながら
正しい英語の発音へと導かれていくのでしょう。
ただ、長年 日本語だけを話してきた大人の舌や唇の動きに対して
子供のそれは、明らかにいろんなものに適応することは間違いありません。
これは何も英語の発音だけに限った事ではありませんね。
ですから、子供の英語を正しく発音させようと思うのならば
やはり小さいうちから、ネイティブな英語に触れておくことはよいことでしょう。
posted by 情報サイトよろずやブログ at | 子どもの英語・英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


銀行券を発行